全国の不動産屋 不動産物件体験談「壁紙が大変なことに」

不動産物件体験談「壁紙が大変なことに」

article1.gif 新婚生活のスタートは、鉄筋コンクリートの3階建てアパートでした。
築年数は5年程度だったかと思います。
不動産屋さん、いちおしの物件で
外壁も室内も白を基調に当時流行の清潔感あふれる作りでしたが
下見に行って、ビックリしたことが…
ある部屋の壁に、薄っすらとシミのような物があり
妻に「気味悪くない?」と言うと、「これ何かの形じゃない?」と…
よくよく見てみると、見覚えのある丸い耳と鼻の位置から
ミッキーマウスが横を向いている絵のようでした。
おそらく、前の住人が壁飾りをしばらく飾っておいた為に 日焼けと汚れで、周囲が縁取られたようでした。

薄暗くなった夕方に、しかも電灯の器具も無かったので 気味悪い感じで、目に映りましたがしたが ミッキーマウスと解りひとまず安心しました。

帰り際、妻が「ディズニーは趣味じゃないので消して」と、言うので 「趣味でも気持ちイイものではないって」と、応え 確かホームセンターに、壁紙クリーナーなるものがあったことを思い出し お安い御用で!と、安易に引き受けましたが…

安易に引き受けたシミ消しでしたが、こんな土壺にハマるとは 作業前には想像出来ませんでした。

引越し前の掃除をしに行く時に
壁紙クリーナーって商品名だったか忘れましたが、
それっぽい液体を購入し、手持ちのマイペットやらで
シミをコスってみたところ、それらしく汚れは落ちるのですが
縁の明暗の差は無くなりません。
それどころか、くっきり目立つようになってしまいました。

汚れは落ちても、日焼けによる色の変化は直らなかったようです。

どうするものかと考えていると、妻が「いっそのこと壁紙を貼り替えよう」と言いだし
費用の検討をしてみると、そんな浮いた貯金などなく
それなら、大家さんに交渉してやって貰おうということになりました。

大家さんとの交渉は、簡単にいくとは思いませんでしたが
いともあっさり…「もっとひどい部屋はある」と、却下されました。
妻からは、「もっと粘りなさいよ?」と怒鳴られ
板挟みにあいましたが、その勢いからペンキを塗ってしまえ!という発想が生まれました。

ペンキ塗りは、アマチュア無線の鉄塔を塗ったり、オートバイの外装を塗ったり
趣味で多少の経験はあったものの、室内の壁なんて塗ったこともなく
人に聞いたり、調べたり事前準備はしっかりして
失敗しなように気合をいれてから、とりかかりました。

飛び散らないように、そして縁が綺麗に塗れるように念入りにマスキングをして
ローラーを使って塗りだすと、イイ感じで色がのっていきました。
一部屋分を塗り終えその日の作業は終了させ翌日、乾き具合を見てみると
何故かネバネバ感が…

乾くのに時間が掛かるのかと思い、他の部屋も塗って
引越しも済ませ…しかし、ネバネバのまま。

見た目は綺麗なんですが、触るとハエ取り紙のようで
やはり妻からも非難の声が…

どうして、こんな事になったのだろうと考えてみても
ペンキも壁紙用だし、下地も中性洗剤で拭いて水拭きもして念入りにして
問題無かったと思うのですが…

後になって、原因らしい事が発覚しました。
実は、前の住人は夫婦揃ってかなりのヘビースモーカーとのこと
壁紙の汚れの中に、タバコのヤニも相当含まれていたようです。
それが原因か、科学的根拠は全くありませんが
今でも私は、タバコのヤニとペンキは相性が悪いと信じてます。

more

不動産ビジネスのための金融商品取引法入門

PR:おすすめ書籍

不動産ビジネスのための金融商品取引法入門

田村 幸太郎 ビーエムジェー
価格:¥ 2,940
【内容(「BOOK」より)】
金融商品取引法のもとになる証券取引法について簡単に説明した上で、具体的に金融商品取引法のなかで不動産証券化がどのように取り扱われることになるのかを概観。不動産証券化の仕組みと構造を契約関係から説明し、さらに、不動産証券化に関わる法改正の今後の動向について解説。不動産証券化で実務上問題となってくる金融商品取引法の適用に関する問題点を、Q&A形式で具体的に説明。