全国の不動産屋さんを一挙ご紹介!
 

不動産屋のご紹介

日高郡美浜町不動産屋を、郵便番号の昇順に並べてご紹介しております。
掲載しておりますデーターは、関係団体、協会、電話帳のデーターを独自に調査し、随時更新しております。
リストにないお店、事業所をご存知でしたらお問い合わせのフォームにてお知らせください。また記載内容に誤りがありましたら同様にお知らせいただくようお願いいたします。ご登録、ご変更は無料です。

下記の店舗名をクリックすると、詳細情報、郵便番号、住所、電話番号、FAX番号、最寄り駅、地図、ホームページアドレス、メール、お店からのコメントなどが見れます。

【最終更新日:2017-11-20】

和歌山県の不動産屋

  • 和歌山市の不動産屋(376件)
  • 海南市の不動産屋(25件)
  • 橋本市の不動産屋(26件)
  • 有田市の不動産屋(9件)
  • 御坊市の不動産屋(21件)
  • 田辺市の不動産屋(76件)
  • 新宮市の不動産屋(23件)
  • 紀の川市の不動産屋(18件)
  • 岩出市の不動産屋(30件)
  • 海草郡紀美野町の不動産屋(1件)
  • 伊都郡かつらぎ町の不動産屋(2件)
  • 伊都郡九度山町の不動産屋(1件)
  • 伊都郡高野町の不動産屋(0件)
  • 有田郡湯浅町の不動産屋(5件)
  • 有田郡広川町の不動産屋(1件)
  • 有田郡有田川町の不動産屋(15件)
  • 日高郡美浜町の不動産屋(3件)
  • 日高郡日高町の不動産屋(1件)
  • 日高郡由良町の不動産屋(1件)
  • 日高郡印南町の不動産屋(3件)
  • 日高郡みなべ町の不動産屋(5件)
  • 日高郡日高川町の不動産屋(2件)
  • 西牟婁郡白浜町の不動産屋(19件)
  • 西牟婁郡上富田町の不動産屋(8件)
  • 西牟婁郡すさみ町の不動産屋(0件)
  • 東牟婁郡那智勝浦町の不動産屋(9件)
  • 東牟婁郡太地町の不動産屋(2件)
  • 東牟婁郡古座川町の不動産屋(0件)
  • 東牟婁郡北山村の不動産屋(0件)
  • 東牟婁郡串本町の不動産屋(8件)

サイト管理・運営

おすすめ書籍

司法書士記述式過去問集〈1〉不動産登記法〈平成19年度版〉
司法書士記述式過去問集〈1〉不動産登記法〈平成19年度版〉
早稲田経営出版
価格:¥ 3,360
【内容紹介より)】
本書は、昭和57年から平成19年までに、司法書士本試験において出題された不動産登記法の記述式の問題の再現(法改正に関連し、若干手を加えました)に、解説を付したものです。 過去の問題を検討することで、本試験の出題の範囲、難易度を知ることができ、効率のよい勉強をすることができます。また、年度順に解くことによって、近年の本試験における傾向も見えてきます。過去に繰り返し出題されている重要論点の理解を確実にすることで、同一の論点及びその周辺の論点について失点を防ぐことができます。
自己資金ゼロ!一生現金が稼げる不動産投資
自己資金ゼロ!一生現金が稼げる不動産投資
中村 武司 技術評論社
価格:¥ 1,554
【内容紹介より)】
土地無し・金無し・知識無し。たった5年で億万長者!ガソリンスタンド店員が資産家に変身した不動産投資法の実際を大公開。借金を背負ったサラリーマンが、わずか5年でアパート3棟28戸・駅前ビル1棟を1円の自己資金も使わずに入手できた。資産3億円超、年間不労所得3千万円を超えるまでの実体験をまじえた方法を解説。不動産購入に不可欠なキャッシュフロー試算プログラムのダウンロードサービスを特別付録。
過去問集 民法 (不動産鑑定士Pシリーズ)
過去問集 民法 (不動産鑑定士Pシリーズ)
早稲田経営出版
価格:¥ 2,415
【内容紹介より)】
 本試験レベルの把握、出題傾向の把握の両方から過去問の学習は必須です。昭和40年以降の全過去問を体系的に分類編集し、解説した過去問です。本書は、平成に入ってからの本動産鑑定士試験の民法の過去問をすべて掲載したものです。 「テキスト民法(最新第3版)」とリンクしており、併用することにより、効果的に過去問学習を行なうことができます。参考答案は、判例・通説に準拠しています。「解答上のポイント」では、答案構成をする上でのヒントや、解答上の指針を掲げています。
中間省略登記に必要な契約実務の解説 (不動産法務ライブラリー)
中間省略登記に必要な契約実務の解説 (不動産法務ライブラリー)
江口 正夫 にじゅういち出版
価格:¥ 1,050
【内容(「BOOK」より)】
中間省略登記の新旧不動産登記法における位置付けを明確にした上で、A→B→Cと不動産取引契約が取り交わされるが登録免許税は1度納めれば済むと言われている「第三者のためにする契約方式」と「買主の地位の譲渡方式」につき、それぞれの契約の特徴や具体的な契約条項、これらが認められるための実質的な要件等について分かり易く、詳細に解説。