全国の不動産屋さんを一挙ご紹介!
 

不動産屋のご紹介

山口県宇部市不動産屋を、郵便番号の昇順に並べてご紹介しております。
掲載しておりますデーターは、関係団体、協会、電話帳のデーターを独自に調査し、随時更新しております。
リストにないお店、事業所をご存知でしたらお問い合わせのフォームにてお知らせください。また記載内容に誤りがありましたら同様にお知らせいただくようお願いいたします。ご登録、ご変更は無料です。

下記の店舗名をクリックすると、店舗の詳細情報、郵便番号、住所、電話番号、FAX番号、最寄り駅、地図、ホームページアドレス、メール、お店からのコメントなどが見れます。

【最終更新日:2017-03-27】

山口県の不動産屋

  • 不動産屋、下関市へ宇部市から
  • 不動産屋、山口市へ宇部市から
  • 不動産屋、萩市へ宇部市から
  • 不動産屋、防府市へ宇部市から
  • 不動産屋、下松市へ宇部市から
  • 不動産屋、岩国市へ宇部市から
  • 不動産屋、光市へ宇部市から
  • 不動産屋、長門市へ宇部市から
  • 不動産屋、柳井市へ宇部市から
  • 不動産屋、美祢市へ宇部市から
  • 不動産屋、周南市へ宇部市から
  • 不動産屋、山陽小野田市へ宇部市から
  • 不動産屋、大島郡周防大島町へ宇部市から
  • 不動産屋、玖珂郡和木町へ宇部市から
  • 不動産屋、熊毛郡田布施町へ宇部市から
  • 不動産屋、熊毛郡平生町へ宇部市から

サイト管理・運営

おすすめ書籍

すぐに役立つ不動産登記の法律と申請手続き実践マニュアル 改訂新版
すぐに役立つ不動産登記の法律と申請手続き実践マニュアル 改訂新版
三修社
価格:¥ 1,890
【内容(「BOOK」より)】
オンライン申請・半ライン申請など最新の手続きにも対応。法改正にも完全対応。不動産登記法のキモがQ&A形式でわかる。登記事項証明書の読み方、調べ方がわかる。登記申請書など申請書式もケース別に掲載。売買・新築・住宅ローン・相続など典型的な事例をしっかりフォロー。用語集(巻末)つき。初めて登記する人も安心して読める。
住宅再生への新潮流―不動産業界の常識を変えるサンライフの挑戦
住宅再生への新潮流―不動産業界の常識を変えるサンライフの挑戦
鶴蒔 靖夫 IN通信社
価格:¥ 1,890
【内容(「MARC」より)】
激動の時代を迎えている不動産業界に波紋を投げかける、サンライフ株式会社と、同社の田中代表取締役を紹介する。環境の世紀と不動産業界、不動産の価値を創造するリノベーション、中古住宅再生は「人間産業」などで構成。
失敗に学ぶ不動産の鉄則 (日経プレミアシリーズ)
失敗に学ぶ不動産の鉄則 (日経プレミアシリーズ)
幸田 昌則 日本経済新聞出版社
価格:¥ 893
【内容(「BOOK」より)】
不動産不況の嵐が吹き荒れるいま、どう考え、どう行動すべきなのか。個人、デベロッパー、銀行が犯した失敗事例を分析し、「下がり始めの買い焦りは禁物」「公的価格にとらわれない」など、大切な財産・資産を守る法を具体的に紹介。買う人、売る人、借りる人…必読の書。
東京R不動産
東京R不動産
アスペクト
価格:¥ 1,470
【内容(「BOOK」より)】
東京で一番、「面白い」不動産屋。東京中のポテンシャル物件を発見しては、自分たちなりの感性で空間を読みとり、物件の何がおもしろいのか、どんな可能性を秘めているのかを写真と文章で紹介していく。「東京R不動産」とは、新しい視点で不動産物件を発見し、紹介していくウェブサイトである。
不動産調査入門基礎の基礎 (図解不動産業)
不動産調査入門基礎の基礎 (図解不動産業)
津村 重行 住宅新報社
価格:¥ 1,785
【内容(「BOOK」より)】
不動産トラブルを防ぐための物件調査の基本。4訂版では、「現地周辺の環境調査」を追加、「業者の業務範囲告知書」として、「お客様のための不動産取引のしおり」を収録した。基本中の基本を重点にトラブル事例の具体例を豊富に織り交ぜて、調査の基本ポイントを解説している。
基礎から学ぶ不動産投資ビジネス―市場を読む、戦略を練る、利益を上げる
基礎から学ぶ不動産投資ビジネス―市場を読む、戦略を練る、利益を上げる
田辺 信之 日経BP社
価格:¥ 2,100
【内容(「MARC」より)】
不動産ビジネスの紹介から不動産市場の見方、デューデリジェンス、不動産の投資基準、不動産投資戦略、不動産の証券化など、不動産投資ビジネスの重要項目を網羅した入門書。金融商品取引法など制度改正の動向を加筆。
不動産ビジネスのための金融商品取引法入門
不動産ビジネスのための金融商品取引法入門
田村 幸太郎 ビーエムジェー
価格:¥ 3,360
【内容(「BOOK」より)】
金融商品取引法のもとになる証券取引法について簡単に説明した上で、具体的に金融商品取引法のなかで不動産証券化商品がどのように取り扱われることになるのかを概観します。不動産証券化の仕組みと構造を契約関係から説明し、さらに、不動産証券化に関わる法改正の今後の動向について解説。不動産証券化で実務上問題となってくる金融商品取引法の適用に関する問題点を、政令、内閣政令を踏まえ、Q&A形式で具体的にわかりやすく説明しています。
会計担当者のための不動産評価の実務
会計担当者のための不動産評価の実務
中央経済社
価格:¥ 3,150
【内容(「BOOK」より)】
減損会計の導入をはじめ、会計実務の中で不動産評価が関わる場面が増えています。しかし、不動産評価は、鑑定士以外の人にとっては非常にわかりにくいものといえます。本書は、減損会計やM&A、事業再生等、会計実務の中で不動産評価が必要となる場面ごとに評価方法を解説しています。また、最終章では、鑑定評価書を見るポイントも示しています。企業内で不動産の時価を評価する必要がある経理担当者や公認会計士、さらに担保評価を行う金融機関の方々にお勧めします。