全国の不動産屋さんを一挙ご紹介!
 

東京都では、18500件の不動産屋さんを調査

東京都不動産屋を、市区町村別にご紹介しております。情報は随時更新していきます。
リストにないお店、事業所をご存知でしたらお問い合わせのフォームにてお知らせください。また記載内容に誤りがありましたら同様にお知らせいただくようお願いいたします。ご登録、ご変更は無料で随時更新しております。
掲載しております不動産屋データーは、関係団体、協会、電話帳のデーターを独自に調査したものです。

サイト管理・運営

おすすめ書籍

担保不動産の任意売却マニュアル
担保不動産の任意売却マニュアル
黒木 正人 商事法務
価格:¥ 1,680
【内容(「BOOK」より)】
担保不動産の処分を考えるとき、競売と並んで重要な方法であるのが『任意売却』。ただ、回収の極大化をねらいながら利害関係人と歩調をあわせて進めるためには、一定の知識と経験が必要。筆者の経験に基づく実務が体系的にマニュアル化された本書は、任意売却の最良の指南役。
会計担当者のための不動産評価の実務
会計担当者のための不動産評価の実務
中央経済社
価格:¥ 3,150
【内容(「BOOK」より)】
減損会計の導入をはじめ、会計実務の中で不動産評価が関わる場面が増えています。しかし、不動産評価は、鑑定士以外の人にとっては非常にわかりにくいものといえます。本書は、減損会計やM&A、事業再生等、会計実務の中で不動産評価が必要となる場面ごとに評価方法を解説しています。また、最終章では、鑑定評価書を見るポイントも示しています。企業内で不動産の時価を評価する必要がある経理担当者や公認会計士、さらに担保評価を行う金融機関の方々にお勧めします。
相続税・贈与税通達によらない評価の事例研究―判例・裁決例からみる不動産・株式の時価の検討
相続税・贈与税通達によらない評価の事例研究―判例・裁決例からみる不動産・株式の時価の検討
風岡 範哉 現代図書
価格:¥ 4,500
【内容(「BOOK」より)】
本書は、通達によらない評価が適用される場合を2つに分け、それぞれの適用例を判例に則して検討している。著者は、財産評価基本通達の総則六は評価自体の問題に限定して適用されるべきものであり、租税回避問題を重視した適用は除外すべきことを提言している。