全国の不動産屋さんを一挙ご紹介!
 

不動産屋のご紹介

群馬県前橋市不動産屋を、郵便番号の昇順に並べてご紹介しております。
掲載しておりますデーターは、関係団体、協会、電話帳のデーターを独自に調査し、随時更新しております。
リストにないお店、事業所をご存知でしたらお問い合わせのフォームにてお知らせください。また記載内容に誤りがありましたら同様にお知らせいただくようお願いいたします。ご登録、ご変更は無料です。

下記の店舗名をクリックすると、店舗の詳細情報、郵便番号、住所、電話番号、FAX番号、最寄り駅、地図、ホームページアドレス、メール、お店からのコメントなどが見れます。

【最終更新日:2017-04-24】

群馬県の不動産屋

  • 不動産屋、高崎市へ前橋市から
  • 不動産屋、桐生市へ前橋市から
  • 不動産屋、伊勢崎市へ前橋市から
  • 不動産屋、太田市へ前橋市から
  • 不動産屋、沼田市へ前橋市から
  • 不動産屋、館林市へ前橋市から
  • 不動産屋、渋川市へ前橋市から
  • 不動産屋、藤岡市へ前橋市から
  • 不動産屋、富岡市へ前橋市から
  • 不動産屋、安中市へ前橋市から
  • 不動産屋、みどり市へ前橋市から
  • 不動産屋、北群馬郡榛東村へ前橋市から
  • 不動産屋、北群馬郡吉岡町へ前橋市から
  • 不動産屋、甘楽郡下仁田町へ前橋市から
  • 不動産屋、甘楽郡甘楽町へ前橋市から
  • 不動産屋、吾妻郡中之条町へ前橋市から
  • 不動産屋、吾妻郡長野原町へ前橋市から
  • 不動産屋、吾妻郡嬬恋村へ前橋市から
  • 不動産屋、吾妻郡草津町へ前橋市から
  • 不動産屋、吾妻郡高山村へ前橋市から
  • 不動産屋、吾妻郡東吾妻町へ前橋市から
  • 不動産屋、利根郡片品村へ前橋市から
  • 不動産屋、利根郡川場村へ前橋市から
  • 不動産屋、利根郡みなかみ町へ前橋市から
  • 不動産屋、佐波郡玉村町へ前橋市から
  • 不動産屋、邑楽郡板倉町へ前橋市から
  • 不動産屋、邑楽郡明和町へ前橋市から
  • 不動産屋、邑楽郡千代田町へ前橋市から
  • 不動産屋、邑楽郡大泉町へ前橋市から
  • 不動産屋、邑楽郡邑楽町へ前橋市から

サイト管理・運営

おすすめ書籍

不動産登記法入門 (日経文庫)
不動産登記法入門 (日経文庫)
山野目 章夫 日本経済新聞出版社
価格:¥ 1,050
【内容(「BOOK」より)】
不動産取引など、様々なビジネスに関係する不動産登記法を、42のテーマを取り上げて講義形式で解説した入門書。登記制度はなぜ必要なのか、根抵当権とはどのような仕組みなのか、実務者が知っておきたい基本知識を、実践的な例を用いながら、わかりやすく説明。登記情報の公開など、これからの登記制度のあり方についても、最新の事情を踏まえて解説。
わかりやすい不動産登記簿の見方・読み方
わかりやすい不動産登記簿の見方・読み方
日本法令
価格:¥ 2,310
【内容(「BOOK」より)】
登記簿(登記事項証明書)にはどのように権利等が記載されるか、記載された内容から何がわかるかを、多数の記載例を掲げて、わかりやすく解説。土地区画整理や破産に関する記載例まで収録し、不動産登記に関わる専門家も必携の一冊。
不動産バブル崩壊で消える会社・残る会社
不動産バブル崩壊で消える会社・残る会社
山下和之 ぱる出版
価格:¥ 1,470
【内容(「BOOK」より)】
いま現在、不動産業界はいかに深刻な事態に陥っているのか、なぜそうなってしまったのか、それを克服する策はあるのか、果たして今後どうなっていくのか―。業界内に身を置く人はもちろん、これから就職を考えている人、さらに不動産売買などビジネスに関わる人は必ず読んでおくべき一冊。
東京R不動産
東京R不動産
アスペクト
価格:¥ 735
【内容(「BOOK」より)】
東京R不動産 新しい視点で不動産を発見していくサイト。2003年の11月にサイトスタート。膨大な不動産市場の中から魅力的な物件を丹念に探し出して、皆さんにご紹介しています。人はそれぞれに、違ったこだわりや嗜好を持っている。一風変わった物件も、人によっては、それが宝物のような空間かもしれない。
プロ必携マニュアル 不動産取引の実務 (プロ必携マニュアル)
プロ必携マニュアル 不動産取引の実務 (プロ必携マニュアル)
千葉 喬 週刊住宅新聞社
価格:¥ 2,520
【内容(「MARC」より)】
不動産取引実務について、物件調査から媒介契約、重要事項説明、契約の履行まで、取引業務の流れに沿って、実務に欠かすことのできないポイントを完全網羅。最新の法令改正をわかりやすく解説する不動産業者必携のマニュアル。
企業不動産の評価実務
企業不動産の評価実務
中央経済社
価格:¥ 3,150
【内容(「BOOK」より)】
本書では、企業が経営的・財務的観点から不動産を活用するにあたり必要となる不動産評価のポイントを実務に即して解説。「減損会計」「販売用不動産」「リース会計」などの会計における評価のほか、企業の経営戦略にとって重要な「M&A」「企業不動産(CRE)戦略」「資金調達」「投資不動産の時価評価」を取り上げている。
不動産ファンド当事者の告発 不動産が危ない!
不動産ファンド当事者の告発 不動産が危ない!
山本 勇作 扶桑社
価格:¥ 1,470
【内容(「MARC」より)】
低金利、資産価値、インフレ。それでもヤバい! 不動産市場は今「ババぬき」段階にあり、価格暴落の日は近い。不動産市場は何によって支配され、今後どうなっていくのか。最前線の現役不動産ファンド関係者が告発する。
CRE戦略 企業不動産を活かす経営
CRE戦略 企業不動産を活かす経営
日本経済新聞出版社
価格:¥ 2,730
【内容(「BOOK」より)】
IFRS(国際財務報告基準)、CO2規制への対応で待ったなし!既存の経営資源を有効活用し、企業価値を向上させる。CRE戦略の意義・効果、導入方法から、会計制度変更・環境規制のインパクト、海外の最新事情まで総合的に解説。企業の事例も多数収録。